グローバルインターンシップを実施しました

リーテック株式会社は2019年7月30日~8月8日の期間、桜美林大学の2年生以上の学生17名を対象に、リーテックの日本法人とリートン本社(香港)での見学や作業体験を通じて環境ビジネスについて考察・体験を目的とした、インターンシップを実施しました。学生はこのインターンシップに参加することで、2単位修得することが可能です。今回のインターンシップには、桜美林大学のビジネスマネジメント学群とグローバル・コミュニケーション学群の学生が参加してくださいました。

<プログラムの内容>

日本でのインターンシップ

◆弊社社員による講義の実施

「日本の環境問題と環境ビジネスについて」

「営業現場から見る消費者の環境意識」

「リーテックのリサイクルビジネスにおける企業戦略」

 

◆処理センターでの作業体験

東京RSCセンターでのルーターの解体作業体験、磁気テープの分解作業

相模原センターでのHDDのデータ消去体験

 

◆行政の廃棄物処理施設の見学

相模原市北清掃工場の見学と日本の廃棄物処理についての学習

 

香港でのインターンシップ

◆リートン香港社員による講義の実施

「リートンのビジネスモデルについて」

「香港の環境問題とリサイクルビジネスについて」

 

◆処理センターの見学

屯門エリア、洪水橋エリアにある処理センターの見学

 

◆行政の廃棄物処理に関する博物館の見学

香港エコパーク内にある、廃棄物処理に関する博物館を見学

 

 

学生には日本と香港を比較し、環境に関する課題や処理方法の違いについて理解してもらった上で、環境ビジネスの可能性について考察し、レポートを提出してもらいました。インターンシップを終えた学生たちからはリサイクルに対する意識の変化が見られ、インターンシップを受ける前は、全員新品で携帯電話を購入しており中古携帯に対する嫌悪感を表していましたが、実際にIT機器がリユース・リサイクルされる様子を見て、中古の携帯電話を買ってみようと思うと感想を伝えてくれた学生が何名かいました。少しずつではありますが、リユースやリサイクルが環境に良いということを理解してもらい、また、弊社のデータ処理システムや検品作業などが彼らに安心感を与え、中古製品に対する良い意識がうまれたことを大変うれしく感じます。

今後もリーテックでは、将来世代へ向けたリサイクルの啓発活動を続けてまいります。

 

 

桜美林大学について

桜美林大学はキリスト教精神を礎とした教育を通して、国際社会に貢献する人材を育成することを目標としています。私立大学では日本で初めて学群制を取り入れ、広く総合的に、深く専門的に学べる教育体制を整えており、リベラルアーツ学群、ビジネスマネジメント学群、健康福祉学群、芸術文化学群、グローバル・コミュニケーション学群の5つの学群を擁しています。

prev next