大学との連携

<文京学院大学との取り組み>

2018年4月より文京学院大学 人間学部 コミュニケーション社会学科3年生のフィールドワーク「まちラボ プロジェクト演習」にて連携企業の1つとして学生8名と一緒に金属リサイクルについての啓発活動に取り組んできました。文京区主催の環境イベントへの出展、文化祭での不要携帯電話の回収などを通じて、多くの方に金属リサイクルの必要性や大切さを知ってもらう機会を作りました。

2

CSR担当社員が生徒に講義を行う様子

3

文京区主催のイベントへ参加

大学image

文化祭では実際に携帯電話を回収して、収益金を寄付しました。

7

文京学院大学 人間学部

コミュニケーション社会学科 学科長 教授 工学博士

中山智晴先生

 文京学院大学 担当教授からのコメント

大学では理屈を教えることが多く、社会背景や調査はできますが、実学的なことを教えてビジネスにつなげることは難しいです。学生たちが将来を考える中で、社会人や大人と触れ合うことはとても大切で貴重な体験であると思います。社会貢献をしたい学生はたくさんいますが、ボランティアでは自分自身が生活をすることができません。環境貢献をビジネスとしている企業のノウハウや仕事の仕方、考え方などをぜひ教えてほしいと思っています。今回の授業を通じて、これからの社会に何が必要で、自分たちはどんな生活をしていきたいのか、ライフスタイルを考えるきかっけとなり、さらには起業する学生が出てくることを期待しています。