小学生を対象にリサイクル体験会を実施

リーテック株式会社は2019年8月21日にキッズベースキャンプα二子玉川に通う小学3年生以上を対象としたリサイクル体験会を実施。12名を対象にディスクトップパソコン本体の解体にチャレンジしていただきました。

©東急キッズベースキャンプ

今回のイベントでは、パソコン博士とその助手に扮した弊社社員がキッズベースキャンプα二子玉川を訪れ、リユースとリサイクルの違いを説明し、リサイクルにとって大切な作業である「分別」を体験してもらうプログラムを実施。実際にリーテックでリサイクルをしているパソコンを解体して、パソコンの中身がどうなっているか、どんな素材でできているかを知ってもらいました。

2~3人チームに分かれてもらい、それぞれのチームに1台ずつパソコンを用意。本体カバーを開けてもらうと「すごい」と声が上がり、目を輝かせながら内部をのぞき込んでいました。

ドライバーを使ってネジを外す、押す、引っ張る、ねじる、押しながら引く、など部品によって外す行程が異なり、苦戦する部分もありましたが、全チームが一番奥にある基板まで外すことができました。

最後にクイズを実施し、どの部分がどんな素材でできていたかをおさらい。パソコンの中には貴重な金属が含まれていることを伝え、壊れてしまったパソコンにも価値があることを知ってもらいました。

参加した学生さんからは、「細かい作業が少し難しかったけれど、パソコンの中身が見ることができて楽しかった」と感想をいただきました。また、キッズベースキャンプのスタッフの方からは「実体験を通してリサイクルを学ぶことができ、とても貴重な体験となった」というお言葉をいただきました。

<キッズベースキャンプ様について>

「放課後の時間を“消費”から“投資へ”」をテーマに、小学生の子どもたちに安全な放課後を提供し、遊びや学びの体験の中から“社会につながる人間力”を育むことを目指す、全く新しいアフタースクールです。
送迎サービスで、学校と施設と自宅・駅を結び、22時までの延長、食事の提供、セキュリティや付き添い診療、習い事送迎など、児童福祉の世界に民間企業の知恵やサービスマインドを導入し、人材の育成やプログラムの強化に取り組んでいます。

キッズベースキャンプ様の詳細はこちらよりご覧ください。

https://www.kidsbasecamp.com/index.html

next